#16 奄美大島 移住トレーニング16回目 背中 【てぃ~ちゃ~Mの筋トレ】

トレーニング日記

こんにちは「てぃーちゃーM」です

今回は

「奄美大島移住トレーニング16回目 背中」

2019/10/8(火)の私のトレーニングメニューをご紹介します

みなさん

定期的にトレーニングしていますか?

私は運よく、周りの環境にも恵まれ

そして仕組みを作ることによって

ほんとうにわずかですが稼いでいます

今は、ほかの仕事の準備期間としてトレーニングと記事と準備で時間が過ぎていってしまいます

なのでトレーニングをする時間の確保は大丈夫なのですが

また時間確保の記事なんかも書いていきます

トレーニングにフォーカスしましょう

めざせドリアンイエーツの若いころ!!

奄美大島のトレーニング施設での自家製トレーニングをご紹介します

パパになったからジムに行く時間が無くなった

子育てとトレーニングの両立が難しい

仕事が忙しくて筋トレできない

短時間(1時間半)をコツコツ続けるとこんな感じの今です。

かっこいいからだのお父さんになりたい

子供と遊ぶ時間もたくさんほしい

公園にいるお父さん仲間から一目置かれたいですよね

保育園、幼稚園でも「かっこよくなった」と噂されるでしょう

絶対変わります!!

自分を変えたいと思っているなら、時間がなくてもお金がなくても目指しましょう

格好いいカラダ

トレーニングは自己改善であり自分自身への最大の投資だ!!

注意:トレーニングメニュー名は正式名称ではありません(^^)

目次:

ワークアウト予定:胸→背中→肩→off→脚→腕→off→繰り返し

トレーニングメニュー1:ラットプルダウン

トレーニングメニュー2:ベントロウ

トレーニングメニュー3:クローズグリップラットプルダウン

トレーニングメニュー4:ハンマーロウ

トレーニングメニュー5:デッドリフト

トレーニングメニュー6:ダンベルシュラッグ

トレーニングメニュー7:ケーブルロウ

ワークアウト予定:胸→背中→肩→off→脚→腕

奄美大島トレーニング5週目は1週間休みにしました

なので6週目になっています

本日の部位・・・背中

なかなか目覚ましい発達はまだですが

どうやったらもっと効果的に発達していくのかも調べていきます

でも今は自分の経験と自分の身体に相談して、そして施設の器具を見てトレーニングしていきます

トレーニングメニュー1:ラットプルダウン

35kg×20

40kg×20

55kg×14、9+3(1/2)、8+3(1/2)

60kg×5→40kg×8

ウォームアップも含めてやります。

しっかり下げましょう

背中を絞りましょう

手を伸ばした際、休憩はダメです・次のレップに素早くうつりましょう

コントロールした動作で行いましょう

限界がきたら今回は可動域の半分で力を絞り切ります

半分と書きましたが可動域いっぱい下げても半分までしか下がらないから1/2と書いています

3/4とか動くのであればできるだけ可動域いっぱい使うようにしましょう

トレーニングメニュー2:ベントロウ

20kg×15レップ

25kg×12レップ、11レップ、8レップ→20kg×8レップ(ワイド)

トレーニングメニュー3:クローズグリップラットプルダウン

60kg×10レップ+2、8レップ+2レップ(1/2)、5レップ→40kg×8レップ

トレーニングメニュー4:ハンマーロウ

40kg×各10レップ、10レップ、8レップ

トレーニングメニュー5:デッドリフト

20kg×10レップ

30kg×8レップ、6レップ、4レップ

トレーニングメニュー6:ダンベルシュラッグ

27.5kg×10レップ、10レップ

トレーニングメニュー7:ケーブルロウ

30kg×8レップ、8レップ+3+4(休憩)

まとめ:

トレーニングメニュー1:ラットプルダウン

35kg×20

40kg×20

55kg×14、9+3(1/2)、8+3(1/2)

60kg×5→40kg×8

トレーニングメニュー2:ベントロウ

20kg×15レップ

25kg×12レップ、11レップ、8レップ→20kg×8レップ(ワイド)

トレーニングメニュー3:クローズグリップラットプルダウン

60kg×10レップ+2、8レップ+2レップ(1/2)、5レップ→40kg×8レップ

トレーニングメニュー4:ハンマーロウ

40kg×各10レップ、10レップ、8レップ

トレーニングメニュー5:デッドリフト

20kg×10レップ

30kg×8レップ、6レップ、4レップ

トレーニングメニュー6:ダンベルシュラッグ

27.5kg×10レップ、10レップ

トレーニングメニュー7:ケーブルロウ

30kg×8レップ、8レップ+3+4(休憩)

「見栄を張らない」

あなたは今の自分に満足していませんよね?

カッコいい身体の人に憧れますよね?

そうなりたいなら何でもマネするのが一番早い近道です

でも、ウェイトの重さはどうしても一緒にはできません

よく聞くのが

「俺ベンチ100kgあげるで」「スクワットMAX300kgだぜ」などです

良いんですよ、それが目指すべき目標ならば

例えば、100kg上げれるけど体がおデブがいいでしょうか?

デッドリフトで300kg上げられるけど、ほかも筋肉が隠れている状態がいいですか?

競技者ならばおそらくそれでOKでしょう

競技によっては脂肪が必要なものである場合も多いです

相撲やラグビーですね

力士は脂肪があっていいんですよ

その下には強烈な、本当に強烈な筋肉が隠れていますから(めちゃんこ強いですよ本場の力士)

でも彼らはあえてそうしています。対人で思いっきりぶつかりますから鎧が必要なんですね

あなたが力士になりたい、パワーリフティングの選手になりたいのであればいいでしょう

でも、私が理想としているのは

ドリアンイエーツ

これを読んでいるあなたもこっち寄りでしょう

ならばはじめは重さにこだわらないでください

筋肉はまず重さ(負荷・ストレス)を感じると筋肉は破壊されます

破壊されると筋肉は修復します、この時に筋肉痛があるのです

筋肉の修復には栄養と休息を必要とします

十分な栄養と休息があると筋肉は依然と同じ重さ(負荷・ストレス)では破壊されないように強くなっていきます

これが「超回復」ってやつですね

人間の身体はよくできていてストレスに耐えられるようになっていく生き物です

生存するための本能ですね

だけど、適切な負荷でないと何が起こるかと言うと

筋肉への破壊ではなくて、関節への破壊、筋肉への無理な破壊が起こってしまいます

皮膚で例をあげます

サンドペーパーで皮膚をこすると表面が傷つきます

傷ついた状態でこすり続けると傷は治りません

ですが、ほっておくと次第にかさぶたができ、その後少し皮膚が厚みをもって治ってきます

サンドペーパーではなく彫刻刀で皮膚をえぐってしまうと傷跡が残ってしまいますよね

これが筋肉でも起こっています

適切な負荷は成長へと続く筋肉痛へ

過度な負荷は痛みや破壊をともなう筋肉痛や関節痛につながります

誰かが見てるからとか

他に見せつけようとおもってとか

トレーニングをする軸(目標)は誰の為でしょうか?

トレーニングの目的

そう

あなた自身が変わっていくためです

あなたの理想の身体を手にいれるためです

もちろん海に遊びに行ったら見せつけてもいいと思います

でもトレーニングジムでのトレーニングは人に見せるためではありません

もし、あなたがジムで自分の力以上の重りを付けたりしている時はいったん考えましょう

その重りは成長のための重りか、見栄のための重りか

あなたが思うほど周りのみんなは気にしていませんよ

列海王みたいな人がたまにいますが

そんな人たちは2度見してしまいますけどね

千里の道も一歩から

階段の3段飛ばしはケガのリスクや転倒のリスクが出てきます

気をつけてトレーニングしていきましょう

あなたは確実に理想を手にいれるルートを進んでいます

あなたが積み上げているトレーニングの日々は確実に積みあがっています

「継続は力なり」でも「正しい取り組みの継続は素晴らしい人生に繋がります」

あなたもより良い体づくりを通して

もっと素晴らしい人生を築いてください

私も頑張ります

頑張っているあなたを応援します

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました