「#1 ジムトレーニングを選ぶか、自宅トレーニングを選ぶか、どっちが得か? 」【てぃ~ちゃ~M】

トレーニング日記

こんにちは

てぃ~ちゃ~Mです

本記事の内容

「#1 ジムトレーニングを選ぶか、自宅トレーニングを選ぶか、どっちが得か? 」

今回は

ジムに通うメリットとデメリットを3つ紹介します

たるんだ二の腕やお腹が服の上からでもわかったり

薄着の季節になり服の上からでも体のラインが見られて恥ずかしかったり

昔より服のサイズが大きくなった

貧相な体に見られているような気がする・・・・

行動しなければ何も変わりません

行動することで

ポチャからスリムに

ガリガリからムキムキに

ポッコリからスラっとに

絶対変わります!!

自分を変えたいと思っているけど、ジムに通ってトレーニングするか、自宅でトレーニングするかで迷っているあなたの参考になれば

目次:ジムに通うメリットとデメリット

  • point1:物の環境
  • point2:人の環境
  • point3:お金

ジムに通うメリットとデメリットpoint1:物の環境

メリット1:物の環境

いきなりですが、例えば、あなたは懸垂ができますか?

懸垂は背中、腕、肩周辺などのトレーニングにとても効果的ですが、懸垂を10回3セット!!

無理ですよね

ジムにはトレーニング器具が充実しています。

こんなトレーニング器具があります

ラットプルダウン

チンニングマシーン

これらは背中を意識したトレーニングが効果的に行えるトレーニング器具です

また、ダンベルセットの豊富さ

家にダンベルを2kgから30kgまでそろえられますか?

ダンベルマニアじゃないと無理です!!

ジムには豊富にダンベルがそろっていますので自分にあった重さのダンベルを選んでトレーニングすることが可能です。

その他、鏡が一面にあったり、音楽がトレーニングムードを高めてくれたり、トレーニング後の汗をシャワーで流せたりと設備が充実していることがトレーニングジムのメリットの一つと言えますよね

デメリット1:物の環境

ジムは、器具の種類や設備ではとてもいい環境だが、逆に使用しない器具であったり、好きではない音楽が流れていたりする場合もある。

ジムはみんなのジムであって自分の自宅ではない!!

なので、どうしても自分の好きなようにならない現状もある。

例えば、使いたいトレーニング器具が使われていて順番待ちになったりする。

そういった事もちょっとしたストレスとなるものである。

ジムに通うメリットとデメリットpoint2:人の環境

メリット2:人の環境

自分の部屋で何か作業をやっていると気が散りますよね。テレビやケータイとか。

他にも宅配便や急な来訪者などです。

家に誰かが来たらやっぱり応対しないといけません。私の場合、部屋の片付けていないところを見つけてしまって気になって最終的には片づけをしてしまっているとかあります。

あっちこっち気が散ると集中して取り組めず、重大な事故につながる場合もあります

ジムでは、携帯はマナーモードがマナーですし、たいていの人たちが集中して取り組んでいるので、自然と自分も集中してトレーニングに取り組めます。

あと、自分が周りから見られていると意識することで正しい姿勢や腹筋を意識したりしてダイエット効果も期待できます。

物と人の環境が整うことで、理想のカラダづくりへと頭も体も変化していきます。

デメリット2:人の環境

ジムでトレーニングをしてみて感じることですが、やっぱり少なからずジムでの環境にストレスはつきます

おしゃべりの長い気が散る人たち

器具を独占してしまう人たち

タンクトップなど肌の露出が多い人たち

綺麗に器具を、設備を使えない人たち・・・・

ジムには様々な人が入会しています。最近のトレーニングジムは清潔さを会員にも求めていますが、スタッフの不在時間は24時間営業の場合などは必ずあります。

朝早めに起きたのでトレーニングに行こうとジムの扉を開けたら、汗の残りや、器具の置きっぱなしななどもテンション・モチベーションが下がります。

それなりの立地だと客層もよくなります。

ジムに通うメリットとデメリットpoint3:お金

メリット3:お金

24時間営業のフィットネスジムでも価格競争は進みます。3か月無料であったり、友達紹介キャンペーンであったり。何だかんだで本来の半額程度でスタートできたりします。私の場合、全部込みで3か月の間は¥4,000程度でスタートできました(基本の月会費は¥8,000程度でしたが)。

市区町村の運営するトレーニング施設よりも安かったりしますからすごいですね。

健康を目指すなら8,000円/月なら安いでしょうし、それ前後が相場でしょう

中には個人でのトレーニング専門になると数万円必要になってくるジムもあるが、トレーニングをするうえで一番大切なことはやっぱり

運動する習慣を身に着ける

ということが一番大切である。

デメリット3:お金

やっぱり、お金は払うと戻りません。ジムに行かなかったらお金が無駄になります。

事実、トレーニング施設には幽霊会員がたくさんいます。ジム側からするとその方が儲かります。なぜなら、会員が多く、利用者が少ないと、お金は月々入ってきますが、マシンのお手入れや人件費や光熱費が少なく済むからです。

その他、パーソナルトレーニングも効果が出るところからうさん臭いものまでピンキリです。数百万を3か月で設定しているところもあります。

お金をかけて変われればいいのですが、、、

「やった感」が欲しくて数万円払うのではなく、数万円払うならやっぱり「効果」に対してお金は出したいですよね。

先ほども書きましたが、一番大切なことはやっぱり習慣です。

まとめ:

私の個人的感想ですみませんが、ジムはやっぱり良いです。お金はかかるが、器具も豊富で環境も良く気持ちもトレーニングに集中できるところが良い!いろいろな人種は無視して自分の身体にフォーカスし、あなたの人生をより豊かにしてください

トレーニングをする人、これからやろうと思っている人を応援しています。

最期まで読んでいただきありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました